東京医科歯科大学 躰道部 空手×体操の新感覚アクロバティック武道!!

躰道って何?

「躰道」は、空手から派生して1965年に生まれた新しい武道です。

一言でいえば、「空手×体操」の武道。バク転・バク宙のような動きを組み合わせた、3次元的な攻防を行います。

展開_飛燕 法形_バク転

目次

躰道の競技

躰道には、空手同様、「型」や「組み手」の競技があります。
また、躰道特有の「展開」という競技もあります。

法形

「法形」は、空手でいう「型」のこと。

学生の競技では、次の法形の出来栄えを競います。 もともと、「〇体の法形」は男性用、「〇陰の法形」は女性用に作られています。現状では、男子の競技では「〇体の法形」、女子の競技では「〇陰の法形」を行うのが原則です。

試合の様子はこちら↓↓

実戦

実戦 「実戦」は、空手でいう「組み手」
胴にプロテクターをつけ、技を実際に相手に当てます。

躰道は「かわす武道」です。基本的に、相手の技を受ける(手で蹴りを受けて、体に当たるのを避ける、など)ことはせず、かわして回避します。

また、前後だけでなく、上下左右にも移動しながら、三次元の攻防を行うのが大きな特徴です。

↓↓三次元の動きの様子が、お分かりいただけるでしょうか..?

展開

展開 「展開」は、躰道の花形競技。
主役1人と脇役5人にわかれ、主役が脇役を倒していく、ヒーローショーのような筋書きの演武を行い、その出来栄えを点数で競います。

体操の動きを取り入れた三次元の攻防が、最も活きる競技です。

5種類の操体 ― 旋・運・変・捻・転

躰道は、「空手×体操」の武道だとご紹介しました。
ですが、躰道家の間では、躰道は「体軸の変化で攻防を展開する武道」だと言われています。

つまり、手足の曲げ伸ばしだけで突き蹴りを行うのではなく、体軸(≒脊柱)を変化させる動きによって、攻撃したりかわしたりする、ということです。

その体軸の動かし方には、旋・運・変・捻・転の5種類があり、躰道の技はこのどれかに分類されます。

体軸を旋回させ、コマのような動きで技を行います。

躰道を始めて最初に練習するのは、たいていこの旋の技です。安定して旋回する練習をするうち、「体軸」の意識が身についていきます。
旋体直状突き 旋体直状突き

運体飛燕突き 体軸を上下に変化させて、技を出します。

相手の蹴りを、跳んでよけて突く。跳びあがり、跳躍や落下の力を使って蹴る、など。

「3次元の攻防」のうち、鉛直方向の動きがよく表れている技であると同時に、上下動のエネルギーの分だけ威力の高い技でもあります。

体軸を倒して技を繰り出します。

体を倒して相手の攻撃をかわしつつ蹴りを出す、攻防一体の動きをします。

躰道は「攻防一体の武道」とも言われます。「かわす武道」として、相手の攻撃を受けずにかわす一方、同時に相手に攻撃を行います。

変体卍蹴り

捻体半月当て 渦を巻くように、体軸をひねって技を出します。

体軸のひねりの力を使い、背後の敵に死角から蹴りを回し当てる「捻体半月当て」や、相手に足で絡みつき、ひねって倒す「捻体足絡み/胴絡み/首絡み」など。見た目にも栄える花形の技の一つです。


体操の「床」種目のように、体軸を弧状にもしつつ、体を回転させながら技を行います。

躰道の「体操」の要素。前後転や側転、さらにはバク転やバク宙、側宙、捻宙などを、型(法形)などの中に取り入れます。

このような「体操」の動きを、戦いの中で有意義な形でできるよう、練習していきます。

バク宙