仁雄会報31 平成14年7月1日発行

  御挨拶ならびに近況報告

  事務局長として御尽力頂いた渡辺竜登美先生が北浦和で開業されることとなり(下記参照)、多忙につき事務局長をやってもらえないかとの依頼があり私柴田がお引き受けすることになりました。まずもって皆様の御指導の程よろしくお願い致します。
 私は1982年の卒業であり(学30)今年が卒業20周年と言うことで考えてみると入学以来躰道とのかかわりも四半世紀に渡ることになります。現在も学内にいる関係でヘッドコーチとして現役部員とかかわっており医歯大躰道部の歴史にも詳しくなり、この場で昔話を披露してもよいのですが昨年来様々なことがありましたのでともかく躰道界ならびに医歯大躰道部の近況報告をさせていただきます。
既報のとおり、祝嶺正献最高師範が昨年11月26日逝去され、本年1月20日に海外も含めた躰道関係者が多数参集し「お別れの会」が行われました。本学関係者も谷口先生をはじめ中島先生、渡辺先生など多くの先生が出席されました。
その場で協会から祝嶺先生の未亡人の和子様が二代目祝嶺正献を襲名し、躰道本院として活動するとの発表がありました。ただし「最高師範」は当分の間空席とし術技面では近藤光男、高道玄三朗両先生を中心とした範士会が指導に当たるとのことです。また、協会の方は引き続き中島先生が躰道協会会長、渡辺先生が本院総長として運営に当たられます。また初代の最高会議議長であられた谷口先生が再び同ポストに就任するとの発表もありました。
初代祝嶺正献最高師範との思い出も各人様々なことがあると思いますがとにかく創始者の死と言うことは否応無しに歴史のページが繰られることになるわけでこれからの躰道界がどう動いていくか、医科歯科大学の役割も重要なものだと考えます。

 さて医歯大躰道部の近況は既報の通り主将宮下を中心に昨年来成績は上々です。特に昨年度の全日本で展開競技が優勝できたのは、この大会の2日後に最高師範が急逝されたこともありたいへん意義あることだと思われます。今年度に入ってからも5月の東京7大学定期戦、6月の城北地区大会ともまずまず好成績を残すことができました。詳しい成績は下記を参考にしてください。特に城北地区大会は全日本の予選を兼ねており、団体展開優勝、団体法形準優勝の成績で無条件で全日本選手権に出場できることになりました。また好結果は得られませんでしたが、女子団体法形、女子団体展開もチームを組んで出場致しました。特に女子団体展開は史上初の出場となり、今後の研鑽に期待というところです。
 このように成績的には「第5期黄金時代」を宣言してもよいものを上げているのですが実際は男子の実動人数は6人であり本当にギリギリのところでやっているのわけです。主将宮下の学年が3人おり彼等もすでに5年であり、新入部員の入部ももう一つ芳しくないため前途は必ずしも楽観視できないのが現実です。

  話がややそれますが経済、構造改革の面ではやや低迷している感のある小泉改革もこと国立大学関係ではたいへん進行しており、医科歯科大学もその波にすっぽり飲まれています。平成16年度からの独立行政法人移行もすでに確実となり、それに向けて自ら態度を律するということで医学部ではこの4月から教官全員に任期制が施行されました。歯学部では任期制はまだ部分導入ですがそのかわり、全教官に自己評価の書類の提出、また学生による授業評価が課せられました。また卒後研修の義務化、臨床実習開始前の共用試験の導入が決定され学生のカリキュラムも厳しくなっています。教養部も昔と比べると厳しくなっており「国府台牧場」という言葉は完全に死語になっています。最近は「運動クラブなどトンでもありません」という学生が増えましたがそれは必ずしも学生の気質の変化だけではなくこのような大学の変化も理由の一つであると考えています。そのような中で躰道部に入ってなおかつ好成績を残してくれている部員を援助するのはOB会として大いに意義あることだと考えます。 (というわけで話はここに行き着くわけですが)昨年は世界大会があった関係で7月に会費の納入をお願いしましたが(御協力頂いた先生方にはあらためて御礼申しあげます)。今年は例年どおり9-10月頃に次回仁雄会報と併せて請求させていただきますのでよろしくお願い致します。
最後に渡辺竜登美先生の開業先は下記の通りです。
  たつとみ歯科医院
                  〒336-0902 埼玉県さいたま市大東3-1-3,イーストヒル1F tel&fax:048-881-6474
  自宅
  〒336-0902 さいたま市大東2-32-7, 306 tel&fax:048-881-2417

東京7大学定期戦結果 5月26日於法政大学体育館
団体展開競技:優勝(主:宮下宏紀,1:町田洋一,2:森山真吾,3:古山貴基,4:三枝英敏,5:堀内和一朗)
男子団体法形競技:準優勝(堀内, 町田、三枝, 宮下, 古山)
男子個人法形競技:3位 宮下
女子個人級位法形:ベスト8 寉岡ゆみ

第25回東京城北地区躰道優勝大会結果 6月23日於練馬区体育館
  男子個人法形競技:優勝 宮下
団 体 展 開 競技:優勝(主:宮下,1:町田, 2:森山, 3:古山, 4:三枝, 5:堀内)
男子団体法形競技:準優勝 (堀内, 町田, 三枝, 宮下, 古山)
  団体実戦競技:3位(堀内, 町田, 三枝, 宮下, 古山)
  女子個人級位実戦:3位 渡邊麻子

大会寸評:最高師範がお亡くなりになって最初の大きな大会であった。今年からオープン参加がなくなり純粋な城北地区の団体のみで行われた。大会前に体調が整わないものもいて心配したが幸い好結果が残せた。個人法形の宮下は順当勝ちだが、展開は2位の大東大に0.2点差の僅差であり改良の余地があるようである。男子団体法形は転体の法形で臨んだが優勝チームとは若干差があった。ともあれこれで両種目は全日本大会に出場できることになった。団体実践競技は4チーム中の3位ではあるが、3決では大東大と2-2になり最後に古山の技が決まって3-2で勝ったので、たいへん気持ちのよいものであった。女子の団体戦はこれからに期待というところだが級位実戦で健闘よく渡邊が入賞(メダルあり)してくれたのが嬉しい限りである。他大は大東大は相変らず強豪だが一時よりはだいぶ人数は減っているようである。一方拓殖大学は新人が17人もいて来年以降脅威となると思われる。

新人歓迎コンパ行われる
 平成14年度新人歓迎コンパが6月29日、新宿の焼き肉屋において松本、中島、渡辺、の各先生に加え顧問の天笠先生、教養顧問の布施先生の出席のもとで行われました。今年は当初は数名希望者がいたのですが残念ながら現在のところ入部したのは医学科1年の林 薫里さん(桜陰卒)一名です。当日はすでに春の試合が終了していたこともあり、非常にリラックスした雰囲気で進行し、一次会終了後二次会、そして三次会のカラオケへと流れていきました。

 今後部活動は8月12-15日の夏合宿を経て秋のシーズンに入るわけですが、今年は秋の東京7大学定期戦(9月22日(日)を予定)を医科歯科大学が主幹することに成っています。皆様のご協力をお願い致します。

全国学生躰道,全日本躰道選手権大会
団体戦でも優勝を果たす

 10月14日に行われた学生大会の結果および11月23と24の両日に渡って行われた全日本大会の結を御報告致します。
学生大会
男子個人法形競技:優勝 宮下宏紀(M4)
男子団体法形競技:第3位 堀内和一朗(M4),町田洋一(M3),三枝英敏(D4),宮下宏紀(M4),古山貴基(M2)
団 体 展 開 競技:第3位(主:宮下,1:町田, 2:森山真吾(M1), 3:古山, 4:三枝, 5:堀内)
最 優 秀 選 手 賞:宮下

全日本大会
城北地区の代表として個人法形競技,団体法形競技,団体展開競技,団体実戦競技に参加。

男子個人法形競技:優勝 宮下
団 体 展 開 競技:優勝(主:宮下,1:町田, 2:森山, 3:古山, 4:三枝, 5:堀内)
男子団体法形競技:第2位 堀内,町田,三枝,宮下,古山

 ここ数年,部員の減少で満足な成績を収める事ができなかっただけにこれらの好成績は嬉しい限りです。団体戦でも良い成績を収める事ができ,現役部員にとって何よりの励みとなる事と思います。

平成13年度追いだしコンパ
今年度は松尾祐子,原口いずみの2名が卒業(予定)ということで,去る12月22日池袋で追いだしコンパを行いました。両名は部長,副部長を務め,躰道部の長い歴史の中で始めての女性部長と言う事もさることながら,躰道部が部員の激減によりその存続が危ぶまれていた時代,お二人と看護学部の新倉さんの3名で部を支えて来た事は特筆に価する事と思います。また,1学年の空白があったため,4年生で幹部に就任し2年間に亘って部をまとめた事も大きな功績でしょう。卒後は松尾さんが内科,原口さんが精神科に進む予定とのこと,今後の御活躍を祈念いたします。
当日は天笠部長,松本昌世,渡辺三雄,柴田ヘッドコーチ,渡邊竜登美,和田忠志,岡部 格,南 一朗,尾関 全のOBが駆け付け,また,宮崎監督,堀江公仁子さんより寄附を頂きました。

連絡先不明会員の情報を!
 29号で不明会員の連絡先をお願いしたところ相当数情報を頂きました。改めてお礼申しあげます。以下の方々の住所がまだ不明になっております。連絡先を御存知の方は是非下記事務局連絡先までご一報下さい。
Tel; 03-3784-8178  Fax;03-3787-3971 e-mail: tatsupro@senzoku.showa-u.ac.jp
藤田孝司(S45M),佃 道子(S54N),滝口奈美子(S58N),中島裕美(S58N),田辺敏子(S59N) ,下田益弘(S62M),河野真紀(H02D), 叶内 匡(H02M),加藤誠一(H04D),福本弘二(H06M),田畑章子(H07N),藤井敦子(H08T), 馬屋原 伸(H09M),