1年生躰道部員に聞く! 「1年間を振り返って」

新入生の皆さんに躰道部の魅力を伝えるに当たり、躰道部に入部してまだ1年に満たない部員に、これまでの躰道部生活を振り返って お話を伺うことにしました。医学部医学科1年生のNくん(東京都出身)と、医学部保健衛生学科検査技術学専攻1年生のMさん(山梨県出身)です。

――今日は宜しくお願いします。

Nくん:宜しくお願いします。
Mさん:宜しくお願いします。

――では、さっそくですがお二人が躰道部に入った理由、あるいはきっかけなどを教えて下さい。

Nくん:実は、僕の母親は医科歯科の躰道部出身で、以前から躰道部の話を聞いていたのです。それで、興味がありました。
Mさん:私は中学、高校時代と文化部だったので、大学では運動をしてみたかったのと、部活紹介で興味をもちました。

――なるほど、Nくんはちょっと珍しいケースかも知れないね。でもこれは躰道部の伝統と歴史を表すよい例なのかな。 そして、Mさんみたいにこれまで運動経験がなくて、という風に入部する人がやっぱり多いみたいだね。躰道は他の一般的なスポーツと違って 経験者が少ないから、みんな一緒のスタートで始められるし、誰でもやればできるところが魅力なのかも知れないね。さて、実際躰道部に入ってみてどうでしたか?

Nくん:最初は緊張したのですが、雰囲気は和気藹々としていて、すぐ溶け込むことができました。
Mさん:私も部員同士の仲の良さに驚きました。あと、意外と女子が多かったです。

――確かに躰道部員同士は仲がいいよね。単にその人の性格が優しいというだけではなくて、みんな一緒に練習を頑張っているという、絆のような ものがあるんだと思うな。そしてみんな下級生にも優しいはず。

Mさん:ええ、そう思います。

――もうすぐ躰道部に入って1年が経つんだけど、こうして躰道を続けてこられた、躰道、あるいは躰道部の魅力って何だろう?

Nくん:とにかく躰道は面白いと思います。最初はなかなか躰道の動きに慣れなかったけど、練習するごとに動けるようになる面白さがあります。 あと、競技も全て面白いです。あと卑近なところでは所謂「部費」がないところもいいですよね。
Mさん:躰道ってかっこいいですよね。見た目もアクロバティックですし。あと、さっきお話が出ましたけどやっぱり大学から始める人が殆どだから、 これまで運動経験がなかったり、全く違うことをやっていた人でも入りやすいと思います。女子でも全然大丈夫でした。
Nくん:あと、練習が湯島キャンパスの方で行われていることもいいかな。
Mさん:そう! 最初は私たちも市川の教養キャンパスにいるわけなんだけど、2年目くらいからすぐ湯島に移って、大学時代の大半は湯島キャンパスで 過ごすわけだし、楽ですよね。


――なるほど、確かにそうだよね。講義や実習が終わってから市川キャンパスに移動していくのは、上級生になればなるほど辛いのかも知れないな。 部費についてはOB会などからの援助があるので、特に必要ないんだよね。ところで、大学の勉強と部活の両立は大変かい?

Nくん:躰道部は週3回(月・水・金)だから、特に問題ないと思います。
Mさん:私も、時間は十分あると思います。

――それはよかった(笑)。じゃあ、バイトとの両立はどうかな?

Nくん:僕は今ちょっとバイトをしていないので分からないけど、他のみんなは大丈夫そうだよね。
Mさん:うん、バイトをしてる人は結構いるよね。時間に融通がきく塾講師や家庭教師をしている人もいるし、飲食関係のバイトをしている人もいるよね。

――他の大学の躰道部は週5回くらい練習日があるけど、うちは週3回だからね。あと、やっぱり躰道部にいるとみんな時間の使い方がうまくなるんじゃないかな。

Nくん:そう思います。

――じゃあ、この今までの躰道部生活を振り返って、何が楽しかったかな?

Nくん:大会で準優勝したことです。
Mさん:夏合宿が楽しかったですね。なんか、部活で合宿するのって初めてで。

――医科歯科の他の多くの運動部とは違って、大会がいわゆる一般枠の大会だからね。医歯薬リーグとかじゃない。それだからこそ大会の価値があるよね。 今後の目標は何かあるかな。

Nくん:将来は全日本選手権で個人法形(編集部注:いわゆる型のこと)で優勝したいですね。
Mさん:私は来年の級位個人法形で優勝したいな。あと、ハンドスプリングができるようになりたい。

――二人とも法形が好きなのかな。実戦(編集部注:いわゆる組手のこと)もあるし、二人ともセンスがあるから、頑張ってね。 最後に、これから入学する新入生に伝えたいことがあったら教えてくれるかな。

Nくん:きっと聞いたことのない武道だと思うし、なかなかどんなものか言葉で魅力を伝えるのも難しいんだけど、やってみたら絶対面白い。是非やってみてほしい。
Mさん:運動神経がないという人や、文化部出身や帰宅部出身の人でも絶対に大丈夫です。是非、見に来て欲しいですね。

――お忙しいところ有難うございました。これからも練習頑張って下さいね!

指導陣に聞く! 「躰道とは? 躰道部の魅力とは」

ここまで読んで躰道<たいどう>って一体なんなんだろう? って思った方も多いはず。そこで、今度は躰道部で現役部員を指導する、宮下監督、堀内監督補、古山コーチに、躰道と躰道部、またその魅力などについてお話を伺いました。 3人とも勿論東京医科歯科大学躰道部の出身で、医療人として仕事をこなす傍ら、現役選手として練習に励み、また後進の指導にあたっています。

――それでは宜しくお願いします。

宮下監督:宜しくお願いします。
堀内監督補:宜しくお願いします。
古山コーチ:どうもです。

――では、まずは一体躰道とは何なのか? そこをお話し頂けますでしょうか。

宮下監督:簡単にいうと、もともと玄制流空手道という空手の一派があるのですが、そこから派生して生まれた新しい武道ですね。
堀内監督補:そうですね。具体的には1965年に生まれたようです。
古山コーチ:玄制流空手道を創始した、祝嶺正献という方が、従来の空手道の考え方を脱却するために空手界を飛び出した、ということですね。玄制流空手道は現在も存続しています。

――40年以上の歴史があるということですね。空手から派生して、あるいは空手道から脱却して、ということですが、具体的にはどういうことなのでしょう。

宮下監督:空手というと、何というか、立ったまま突きや蹴りを出していって、相手をノックアウトする、そんなイメージがありますよね(笑)。
堀内監督補:そういう直線的直接的な動きを脱却して、もっと自由なさまざなな動きから技を出していくんですね。
古山コーチ:体軸を動かすというんですけど、具体的には胴体を旋回したり、倒したり……そういう体の動きがあってから、手足がついてくるというか。

――うーん、なかなかイメージが難しいですね(汗)。

宮下監督:例えば、バク宙をして、空中で蹴りを出したりするんですよ。(と言いながら、軽くバク宙をする宮下監督)

――ひええ、ちょっとびっくりしました。なんだかすごいですね。

堀内監督補:勿論バク宙だけじゃないんですけど、アクロバティックなところはとても魅力的だと思います。こんな動きができたらいいな! という動きが、躰道には全部あります。
古山コーチ:勿論いきなりバク宙とかできるわけじゃないけど、1年生のうちにはみんなできるようになるね。

――なるほど、実際に見てみないと、言葉では説明できない動きがあるわけですね。空手みたいに組手とか、型とか、あるんですか?

宮下監督:はい、組手のことは躰道では実戦といいますが、あります。といっても空手みたいにボコスカ殴り合ってKOする、というものではありません。
堀内監督補:運足と呼ばれる華麗なフットワークから、相手にうまく技を当てる。柔道みたいに技あり、とか一本、というポイント制ですね。蝶のように舞い蜂のように刺す、という感じで。
古山コーチ:躰道では基本的に相手の技は全てかわすように指導されるから、痛くない。

――型についてはどうでしょうか。


宮下監督:型が好きな人も多いよね。躰道では法形と呼ばれています。いくつかの種類がありますね。
堀内監督補:その法形の中に、バク転とかバク宙が入るわけです。
古山コーチ:宮下監督は在学時代に世界選手権の個人法形で優勝して、世界チャンピオンになっていますよね。
宮下監督:恥ずかしいから言うなよ(笑)。

――それはすごいですね!

宮下監督:いえいえ。あと、他にも展開競技という躰道独自の競技がありますが、それは今回は割愛しましょう。もっと詳しく知りたい方は、こちらを読んでみて下さい。

――では東京医科歯科大学の躰道部について教えて下さい。

宮下監督:ずばり、大学躰道界で最も歴史と伝統のある躰道部です。
堀内監督補:1958年に玄制流空手道部として誕生し、1965年に躰道が派生するのと同時に躰道部に変わりました。
古山コーチ:先ほど名前の出た祝嶺正献先生の一番弟子と言われる先生が創部したのです。躰道の歴史は東京医科歯科大学躰道部の歴史と言っても過言ではないと思います。

――おおお。それではやはり実績もすごいのでしょうか?


宮下監督:勿論です。全国学生躰道優勝大会(躰道のインカレのようなもの。拓殖大学など一般大学が勿論参加)で4度の総合優勝を含め総合で16度の入賞。大学のみではない全日本選手権でも何度も優勝している。
堀内監督補:個人でも日本チャンピオン、世界チャンピオンを輩出しています。
古山コーチ:このように一般大会で全日本レベルの実績がある部活は、東京医科歯科大学では躰道部とボート部くらい。東京医科歯科大学躰道部と言えば躰道界では有名です。

――練習はどのような感じなのでしょう。

宮下監督:毎週月・水・金に御茶ノ水のキャンパスの道場で行っています(編集部注:毎年4月は教養キャンパスで行う)。18時半から21時までです。
堀内監督補:躰道自体勿論経験者はいないし、部員のの殆どがそれまで運動経験がない人なんです。それでも無理なくできるように、体の動かし方の基礎からやっていきます。
古山コーチ:男子と女子が大体同じくらいの人数います。そして突きも蹴りもやったことなくて当たり前、前転もできなくていい。僕らは、そういうところから全日本レベルのチームを作り上げています。

――それでは最後に、皆さんは大学を卒業されて医療人として活躍なさっていますが、何故躰道を続けているのですか?

宮下監督:まず躰道が楽しいからですね。
堀内監督補:躰道部で生まれた、上5年、下5年、またそれ以上の先輩、後輩のつながりがある。そして道場はいつ行っても居心地がいい。
古山コーチ:社会人になっても思いっきり体を動かせるって最高です。

――なるほど。それでは本日は遅くまで本当に有難うございした。

法形競技の1例(動画は団体法形競技のため、5人で行われています)

東京医科歯科大学躰道部では、いつでも新入部員を募集しています! お問い合わせはtmdutaidocircle@google.com(躰道部代表メール)までどうぞお気軽に!